学生のうちに知っておくべき部分脱毛のこと

そこで私がチェックしているのが「選べる部分脱毛」です。両ワキやVIOの施術が一段落したからと言って、それ以外にケアをしたい部位がなくなったわけではありません。夏も近づいて薄着の機会が増えていくにつれ、どうしても気にせずにはいられないパーツは出てきます。需要が増えるのが腕・足・襟足などで、今年の夏こそはツルツルにして過ごしたいと思います。ミュゼプラチナムはこの中では全身脱毛に近いプランで、その約半数の脱毛部位があり、複数のパーツをまとめて脱毛したい方向きです。割引キャンペーンが月替わりで実施されますので、契約前にはチェックしておいた方がいいでしょう。まだまだ候補となる脱毛サロンはありますが、じっくり検討を重ねることがポイントです。そのための参考になるサイトはこちらです。脱毛サロンによっては「部分脱毛」に力を入れているところと「全身脱毛が主力のところ」という2つの特徴に着目することができますが、実はその真ん中にある「選べる部分脱毛」というコースがある脱毛サロンもあります。「選べる部分脱毛」とは、毛量を減らしたいパーツを思いのままにピックアップしたり、最初から人気部位で固められたセットコースの事です。複数の部位を脱毛する場合、サロンの掛け持ちを実行する方もいるようですが、私の個人的な考えとしてはあまり推奨はできないと思います。完全に個人的な意見ですが、あちこちの脱毛サロンを使い分けるのって想像以上に煩わしいですし、お金の事を考えても、かえって高くつくような事になりはしないかと心配です。脱毛サロンで要望が多い部位のBEST10を参考にしていると、ランキング上位には「ヒザ下」「ヒジ下」「襟足」などが名を連ねます。どこも薄着になると服に覆われない部分なので、気を付けたいという気持ちは理解できます。その他で人気のある部位では背中やヒジ上などがあります。どこよりも自由度が高くて経済的なのが脱毛ラボです。脱毛箇所は48箇所の中から自分の思うがままに組み合わせられるので、あらかじめパッケージングされたプランに左右される必要がありません。契約方法も回数パックプランと月額制が選べるという選択肢があります。実際にセットのなった部分脱毛を契約しようとした時に、一番最初にするべき事は「どことどこのムダ毛をなくしたいのか」をよく考えることです。選べる脱毛プランの場合、選択できるパーツの候補の数や料金といった面で、サロンによって大きな違いがあるからです。お店選びがもっとも難しいのが選べる部分脱毛だと思います。選べる部分脱毛の候補としては、「脱毛ラボ」「銀座カラー」「ミュゼプラチナム」などがあります。脱毛ラボは12箇所または24箇所を全48部位の中から自由に選べます。銀座カラーは大きめの部位単位がセットになっています。ミュゼプラチナムは相当数の部位がセットになったプランが3パターン用意されています。ムダ毛が気になる部位は、大抵の場合いくつもあるのが普通です。でも、毛を薄くしたいところがあちこちにあるからと言って、すぐに全身脱毛を始めようとは望まないことが普通かも知れません。全身脱毛はやっぱりまとまったお金が必要というイメージがありますし、何より時間がとても長く必要になります。脱毛サロンごとに設定されているパーツの数に違いがあるので、費用の面でも予想外の差が出ることがあります。一番分かりやすいのは銀座カラーの「腕全セット」や「足全セット」ですが、これらのプランの場合は、ミュゼプラチナムの部位数の設定がないフリーセレクトコースが比較の対象としてもっとも適していますので、要チェックです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ