ご主人や奥さんの浮気が明らかになった時

浮気調査で自分のご主人や奥さんの浮気が明らかになった時、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。
ひとまず冷静になって、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、よく考えておくことが賢明です。
法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、自分の配偶者とその不倫相手に対して慰謝料を請求し、結婚生活を解消するのもいいでしょう。
浮気の確証を手に入れるには探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。ところが、探偵に頼むと費用が高くつきますから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。探偵さんへの浮気調査の依頼には、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所それぞれで金額は異なりますので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。
相手が言い逃れできないような証拠を、探偵の浮気調査によって得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚とは、そう簡単にすることができないものです。
養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。
それは男性の場合であっても同様で仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。
探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」です。実費とは具体的には交通費や写真撮影にかかる費用などですが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。
時間給は、人数×時間で費用が算出されます。調査にかかる時間が短いほど請求金額も少ないです。
探偵に浮気調査をお願いして、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。パートナーが信用できなくなってしまうとこの先の長い時間を一緒に過ごすことは相当な心の重荷になりますから、慰謝料をもらって離婚することもありかもしれません。それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求すると配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ